転勤を繰り返した主人の事を間近で見ていて、
引越しの知識がぐんぐんたまってしまいました。(笑
ちょっとしたコツが家計に結構響いてきたりするので
引越しをほとんどしない人と違ってうちの主人は真剣度が違いますね^^;

もし単身赴任のだんなさんを持つ方、転勤族の方
参考にこのHPをみていただければ幸いです。

意外と安くはない?単身パックの真実

通常、引越しの価格というのは決まっていません。
荷物の量、距離、住宅環境等によってさまざま、一つとして同じ引越し環境は
ないわけで、そもそも値段が決められないからです。

 

ですが、この単身パックは決まった大きさのカゴ台車に積める分だけを運ぶので、

 

料金体系が明確で、はじめから決まっています。
(宅配便と同じようなイメージです。)

 

 

具体的な金額はカゴ台車(1BOX)をいくつ使うのか、
それプラス移動距離によって決まります。

 

ただ、見落としがちなのが、荷物の量が多くなってしまう場合
カゴ台車を何台も使って、1BOX×3個とか×4個とかになってしまうと
1.5トントラックを貸し切りしたほうが安いというパターンも結構あります。

 

単身パックが安いというイメージなのでしょうけど、
ほんとに荷物が少ない場合だけ使うのが賢い方法かもしれません。

 

さらに注意が必要なのは・・
移動距離、近くの引越しならそれほど時間、日にちはかかりませんが、
遠距離となると、自身が貸しきっているトラックではなく、他の宅配便とかと一緒に
運んでいるトラックなので、新居に荷物がくるまで何日もかかることが結構あります。
荷物がくるのが遅いよ・・ってトラブルはなにげにあるようです。

 

荷物があんまり多くない人、具体的には押し入れの半間分ぐらいしかない人
(単身赴任とかそういう荷物の少ないレベル)
だったら、お得なサービスです。

 

でも荷物が届くのが何日もかかることがあるのも要注意です。
一見安さにつられてしまいますが、中身を確認してから慎重にです。^^;

 

単身パックとは日通の引越しプラン名です。

「単身パック」というのは
引越し業者の「日本通運」(日通)さんのある引越しプランの名称です。

 

あまりにそのプラン名が有名で、しかも知名度があるので、
単身者の引越しプランの代名詞のような言葉の使い方をされています。

 

むかしSONYのウォークマンが流行った頃は、音楽プレーヤーのことを
全部それウォークマン?ってみんなおもってましたよね。

 

どんな電機メーカのものでも、コンパクトな音楽プレーヤーのことは
みな「WALKMAN」と言ってしまうというのに少し似てますね。

 

この単身パックも同じような意味合いです。
日本通運さんのプランなのに、単身者向けのサービス名として
あまりに浸透しすぎている感じです。

 

具体的には、カゴ台車のような、一定の大きさのケージに荷物を入れて運搬します。
一般的な1トンとか2トンのトラックを貸しきってするような形態ではなく
特定の大きさのケージを少し大きめのトラックで他の荷物と一緒に運ぶことになります。

 

イメージとしては、大きな宅配みたいな感じです。

 

ちなみに日通以外では各社以下のプランがあります。

  • 西濃運輸なら「カンガルー単身MAX」
  • 鳩のマークの引越しセンタなら「こばとパック」
  • クロネコヤマトなら「単身引越しサービス」
  • sagawaなら「カーゴプラン」

 

そもそも「かご台車」で、他の荷物と一緒に運ぶことが可能なのは、
全国に引越しの流通ネットワークを持っている所(宅配便をやっているところなど)だけなので
中小の業者では、こういったサービスはあまり聞いたことがありません。

 

各社微妙〜にサービス内容が違うので注意が必要です。